大人ニキビができる原因を考える

ニキビの治し方
ニキビというと思春期によく起きる肌のトラブルですが、この年代の場合は過剰な皮脂によって発生することが多く、大人になるにつれ、自然に回復していくことも多いものです。

でも、最近は大人になってもニキビが治らない、いわゆる大人ニキビで悩まれている人も増えています。
改善するためにはまずは原因を知ることが大事ですので、ニキビができる原因を調べていきましょう。

まず、大人の場合は肌のターンオーバーの機能が低下するので、それゆえにニキビも治りにくくなるとされています。
そしてタバコも肌には良くないことで知られていますし、過剰な飲酒も解毒作用が低下してしまうので肌には影響が出やすいものです。
そして大人の女性は便秘で悩まれていることが多いですが、便秘が長引くと体内に毒素がたまったままになり肌トラブルが起こりやすくなります。
さらにストレスや睡眠不足が影響している場合もありますし、疲れて帰ってきたときなどはメイクを落とさずに寝てしまうという場合もニキビの原因になりやすいものです。

それから、大人ニキビの場合も皮脂が影響していることもありますが、皮脂を落とそうとして洗顔しすぎることもニキビの悪化につながります。
洗いすぎて肌が乾燥するとより過剰に皮脂が出てしまう場合もありますので、洗顔のときもできるだけ肌に刺激にない洗顔料を選びたいですし、その後の肌の保湿もしっかり行っておきましょう。
さらにホルモンバランスの乱れなども肌に影響が出ることがあります。

ニキビ解説

  • ニキビ跡を自宅で改善するピーリング石鹸

    肌の悩みで多いものがニキビです。10代の頃は過剰な皮脂が原因の思春期ニキビ、大人になってからは乾燥やストレスが原因の大人ニキビと、いくつになってもニキビに悩まされている人はたくさんいます。

最新ニュース

2014.1.11
ニキビに困っている方は必見です。
2014.3.23
ニキビ薬の紹介しています。
2014.5.31
自宅で出来るニキビケア方法もあります。